×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXがおすすめな理由

株の場合は取引時間が9時から15時までと決まっていて、その間中、PCの複数モニターに張り付いて相場の動きを追い続けるのは、極度の神経の集中を要しますし、何よりも昼に働いているサラリーマンにとっては副業としてやるのは難しいですよね。時折、勤務時間中に会社のPCで株の相場を見ていてクビになった人の話を聞いたりします。対して株の場合には、主要銘柄だけでも相当数にのぼるので選択が大変ですし、当然リスキーな銘柄もあるわけです。続いて、FXは24時間取引が出来るということが挙げられます。FXでは数種類の銘柄から選んで、相場の変動を見ながら売り買いをして為替差益で儲けることが出来るのです。

FX初心者はわざわざリスキーな国の通貨に手を出す必要はありません。ここでは、FX入門ということで、FX初心者向けにFXの魅力や株取引との違いについて説明して行きたいと思います。円、米ドル、カナダドル、ユーロなど多くても20種類程度の銘柄に限られます。ドルやユーロなら安心です。まず、FXは小額の投資で簡単に始められるということが挙げられます。

>> 初心者でも安心の投資理論 Reduce−FX <<

FXは初心者でも始めやすい

株取引だと自己資金として最低でも数十万円は必要ですが、しかし、FXでは1万円から始めることができる場合があります。資金運用初心者にとっては、キツい部分が多いのは否定できません。(一般には10万円くらいです)すなわち少ない資金で大きな取引ができるということで、資金運用の入門としては、株より手軽かつ簡単で、外貨預金よりは大きく儲けることができるのです。一日中PCの前に張り付いている必要は無いので、FX初心者でも楽ですし、資金運用入門としても最適で簡単です。

「FX」とは、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。FXの場合には、相場が動くのは日本時間の夕刻と言われており、これだったらFX初心者サラリーマンでも、勤務時間終了と同時にダッシュで帰宅して、相場をチェックして売り買いが出来ますし、夜間の突然の相場変動にも対応できます。株との違いをもうひとつ挙げると、取引銘柄がほぼ決まっているので楽だということです。簡単に言えば、外貨取引を中心とした資産運用プランです。

FXの魅力

株の場合、昔から良く言われることですが、企業の業績が基本にありますから、2007年に多発した偽装表示等の不祥事や、外的、内的要因によって、保有株が一夜にして暴落して大損してしまうことがあります。つまり株に比べてローリスク・ローリターンなのです。株が「買い」という行為からスタートするのに対して、FXは「売り」という行為から入ることが出来るのが特徴です。

>> 初心者でも安心の投資理論 Reduce−FX <<

このように、為替相場が上がっても下がっても、利益が出せるというのもFX初心者にとっては安全ポイントと言えるでしょう。さらに、FXは為替相場が下がっても利益を出すことが出来ます。たとえば、1ドル=110円で1万ドル(110万円)売ったあとに、1ドル=100円 になれば(100万円)、買い戻して10万円の儲けです。

FXは、株取引に比べて断然楽で、FX初心者にとっても敷居が低い資産運用法であることは、前項でご説明したとおりですが、そのほか決定的に株と違うのはローリスクが基本にあるということです。

ハイリスクなものはハイリターンなのは、世の中の理ですが、もちろんハイリスクを引き受けるだけの経済基盤がある人なら良いのでしょうけど、一般の人は怖過ぎて手を出しかねる面があるかもしれないですね。それに対して、FX(外国為替証拠金取引)は、外貨の為替取引が基本ですので、もちろん為替相場の下落によって、一時的に小額の損をすることはありますが、まさかEUが一夜にして破産するなどということは、まずあり得ないことです。


Reduce−FX〜初心者FXトレードでも必勝!

Reduce−FX〜FX初心者でも安心の投資法

Reduce−FX

料理教室 通信講座

犬のしつけ法

>> Reduce−FX <<